フキノトウ

フキノトウ

「フキノトウだ~!」と大騒ぎの4月初旬。

2週間後には、こう。
ここいらでは、珍しくもなかったようで。。。
でもやっぱり、銀世界から一転の若々しい生命力にはウキウキしますね。

小麦畑

午後6時。ザワザワ村のお隣の畑は、すっかり耕されてホコホコです。
今年ここには小麦が植えられるそう。
緑に見えるところは、すでに「秋蒔き小麦」が植えられていて、日に日に青みを増しています。
小麦の共演、今から楽しみ♪
グラデーションが本当に美しいんですよ。

村長選挙とトラクター

ここ美瑛町も今日は選挙。
ザワザワ村も村長選挙、しましょうかしらん。
選挙戦の終わりと関係あるのかどうか、この日を境にアチコチの農家さんも、
本格的に農作業を開始されたよう。トラクターが忙しく行き来しています。
一口にトラクターと言っても、ボディやらアタッチメント?やら、さまざまで見飽きません。
写真のSatoさん家の。ステキでしょう?古くて美しい。もちろん現役バリバリです。
まだまだトラクターコレクション、ご覧にいれたいと存じます。

照明器具

工事用の電灯です。
12月のお引越し以来かれこれ4ヶ月とちょっと、コレにお世話になっております。
すっかり慣れてしまって照明器具がないことを失念。コレはコレで味がある?
なにしろ暖房設備が入るや引越してきましたもので(暖房はないと生死に関わりますゆえ)、
当初は、床こそ塗ってあったものの壁もなにも剥き出し。
それが4ヶ月かけてずいぶん家らしくなったかと。
照明器具は、本日発注しましたのでご安心を。

スプウン谷

全景写真。デジカメ初心者の私には難しいのですが、ひとつ。
スプウン谷は緩やかな丘に囲まれて、リアルに畑のまん中にあります。
手前に見えます農道を下ると村がひらけるカタチが、まるでスプーンのよう。
で命名。見えま….すか?
屋号については、それ以前も色々考えてはいたのですが、やはり現地を見て、でした。

片道切符。

SANYO DIGITAL CAMERA
SANYO DIGITAL CAMERA

はじめまして。
私達が初めてここ、北海道は美瑛町を訪れたのは、宿のオープンからちょうど10年前。
長男が1歳になるかならずの頃でした。
初めての夏の北海道に、もうメロメロ。こんな美しい処が日本にあるんだぁ…って感動したものです。
以後、幾度も繰り返し訪れるあいだに子供は3人となり、
「こんな処で子育てできたら」の漠然とした気持ちはしだいに熟成。
いつも利用していた日本海フェリーでの旅も、2006年12月ついに片道切符に。

さて、末娘のキャンプデビューは生後3ヶ月だったほど家族旅行大好きな私達。
そんな私達が、気兼ねなくくつろげる宿を。。の気持ちで始めました「スプウン谷のザワザワ村」。
たくさんの方に楽しい思い出を残せる宿に育ってくれると嬉しいな。。

最後まで読んでくだすって、ありがとうございました。