あたたかい時間を。

北海道の子どもたちは、
夏がみじかいかわりに冬やすみが長いです。

遅まきながら、きょうから20日まで、村の冬休み。
申しわけございません。。
子どもも大人もみんなで、おなじ時間をかさねたいと思います。

いつもどおり、お電話はお受けしておりますので。。

それは突然。十勝岳が噴火したかと思いました。
ドーン、ドーン。って。。

きょうはいったい何をはじめたかと。。

ザワザワ村は落雪しない。つまり、春まで真っ白なゆき帽子を
かぶったままでいる屋根なのですが。。

さすがにレセプション上だけは、万にひとつも落氷したら命とり。

で。村長。

新年早々です。。

万にひとつも、あしたの社会面に載らないでね。

あけましておめでとうございます。

こんな、ちいさな里山の宿ですが。

ましてまだまだ2年目。

なのに昨年も、ほんとうにたくさんのお出逢いをいただいて、
この気持ちをきちんとお伝えできるだけの言葉も浮かびません。

北のわが家、第2のふるさと。。
お便りをいただくたびに申しわけないやら、うれしいやら。。

まちがいなく、至らぬわたしたちの励みとなり、誇りとして、
すこしづつですけれど、確実に、2009年もザワザワ村の物語をつづけます。
お約束いたします。

子供心を忘れない。
あの日の夢をわすれない。
すぐ目のまえにある、どこでもドア。。

。。 ザワザワ村の心意気です。

ことしもみなさまがユメいっぱい、ゲンキいっぱいの想い出を
かさねられますよう。。少しだけお手伝いさせていただきますね。
ザワザワ村一家。