たいせつなページ。

人生に。
たいせつな1ページはいろいろあるけれど。

スプウン谷で誓いを謳う、おふたりへ。
いくにちか想い描いた祭壇を、きょう、大工してみました。

すべて、とし月を経た古材。天然石。
古い木は、そのよみがえるとき、ひとりでに物語をはじめます。

あとは左官と、ペイント。
あす、いのちを吹き込みます。

青い草花が大スキな流星号が、じっと。

あまりにじっと、耳を澄ましているので。

つられてじっと、きき耳をたててみると。
聞こえる。
聞こえる。たしかに。

ぶんぶん・ぶうん。

地面すれすれの、もうひとつの世界。
みつばちファミリーの、大合唱。

ザワザワ村の、小さな花でできた、大きなお花畑。

雨上がりの朝。
ザワザワ村にまた、あたらしい仲間がやってきた。

ラマかもしれないし。でも、
ふとったメスライオンかもしれない。。

気の合うそぶりはチームの先輩、うなぎイヌ。

とても流星がうつくしく。

そうやって。

きょうも夕暮れ時のブルーモーメント。

とおくスプウン谷を臨む丘。

時をこえる道。
おさない記憶にかえる道。

走りつづけて来たけれど。。

歩いてみるのがイイですね。

そうしたら思います。
世界って。
わあ、こんなに広かったんだ。

見あげて、ごらん。見あげてごらん。

まるで夏の空に舞う、雪のよう。

ポプラのわた毛。

きょうも晴れあがった朝。
耳をすませば、
空。雲。大地のささやきが聞こえる。

そんな、すがすがしい一日。

ドッグランにしては、おっきすぎる。
わるい子をとじこめるにしては、逃げだせる。。

村長さん、2日がかりで、おっきな柵と小屋がけを作りはじめました。

誰なのって。あたらしい仲間。

水も滴る。

朝4時からの。
朝どれ、丘のベジタブル。

土の恵み。光の恵み。
ヒトの営み。

村一面に、マーガレット。アカツメクサ。

ザワザワ村では、きょうも一緒です。
野ねずみ。野ウサギ。キタキツネ。

先日のコトですが、
もれなくゲストハウスのサンルームに、
チェア式ハンモックを大工してみました。

いつしかユラリ、ユラメキ。
ダイナミックな丘の絨毯に、自分が溶け込んでいくようで。

サンプル映像。

イメージの子どもは、ついてまいりませんので。
ご安心を。