扉をひらいて。

あるがままに素敵なおふたりが。

いつものままのザワザワ村で。

なにも足さない。なにも引かない。。そんな。
ひとも自然も、すべてに宿るいのちをあるがままに慈しむ、
素敵なウェディング。

スプウン谷には「KO・I・BI・TOの小経」があります。
いつもひっそりと、恋人たちの誓いを聴き届けてきた母なる道。

持ちつづけてね。子どものように。
自分にもったいないくらいの、おっきな夢を。。

扉をあけて。

想い出になるまで。。 おとうちゃん、こと村長。

いまをかえるためには。。
まいにちコツコツと、かわらないこと。。

あるゲストは「つみきの家はザワザワ村みたい」
って、おっしゃいました。

村長、オレもこんなじいさんになるのかな、ってひとりごち。
そこですか。。

お元気ですか。

流星号です。

村のひとたちは、まいにちゴキゲンです。
ボクもゴキゲンなの。。なぜって。

村長が、おっきなおっきな遊び場つくってくれたから。
だからこのごろ、お言いつけ、聴いてあげるんだ。。

で、どう?
スプウン谷のそよ風が似あう、髪型にかえたんだけど。。